余震はいつまで続くのか?その433(磁気嵐スパイラル14) [2/4 21:00更新]

笑顔 毎度のお付き合いをありがとうございます。

◆本日の深発が、以下の4回発生。
 < 東日本連動分>
 2/4 9:37薩摩半島M2.9/153km,8:05房総はるか沖M3.8/107km
 < 北海道連動分>
 2/4 6:33日高山脈M2.8/110km,20:29上川空知M3.2/215km (注:十勝の余震はカウントに含めず)
 < その他>
 発震無し
これにより、東日本域は明日2/5(火)「要注意」レベルとなります。
 最新の深発連動グラフは、
 最近の記事◆現在の深発地震連動の後発地震想定 [2/4PM更新]からご確認ください。

予測表は、左側の深発連動発震を更新しております。

 参考ですが、北海道東方沖は 2/5(火)~7(木)「要警戒」レベルです。
   ◆現在の深発地震連動の後発地震想定(北海道) [2/4PM更新]からご確認ください。

皆さまに於かれましては、引き続き今一段の警戒をよろしくお願い致します。
現在の日本の状況は、また、いつM6クラスが発生しても不思議ではありません。
確率15%台(M5-対応)が明日2/5(火)午前中まで。

 ご覧のように、今回から磁気嵐ロジック確率10%以上を要注意対象としました。
磁気嵐解析952a
(注)上下2段で一日分の予測時刻を表していますので、上下で順不同の場合があります
A 浦河沖、宮城沖、福島沖、千葉東方沖、駿河湾、広島北部、奄美大島
B 三陸沖、福島沖、茨城沖、千葉東方沖、奄美大島
C 秋田内陸、宮城沖、福島内陸、福島沖、茨城北部、和歌山北部
D 三陸沖、岩手沖、宮城沖、福島沖、茨城北部、茨城内陸、茨城沖、千葉東方沖
  上(A月出6h-)(B月出3h-)(C月出)(D南中3h-)
  下 (A南中) (B南中3h+)(C月入)(D月入3h+)
磁気嵐解析953b
凡例:背景色の意味(磁気嵐ロジックグラフと色合いを合わせました)
磁気嵐ロジック確率についての解説。
 元々は磁気嵐によるM6超クラスの発生確率(遅延特性を含む)をUSGSデータ39年分から調査
 したもので、実績との比較から地震規模との相関関係(M5-~M7++)があり表記に採用したものです。
 
赤字は「魔のくぼみ」、青字は「急変点」で要注意時間帯を表わします。
月齢相関に基づく記号の解説
 これは、311震災後の月齢とM5以上(N=5885)の地震発生確率の相関を取ったもので、以下に分類。
 ★ 特異日(確率3倍超)
 ☆ 注意日(確率2倍超)
 ◇予備日(平均確率)
 △平均以下の日

※予測誤差は±60分で、全有感地震の約70%以上が符合しております。
毎度で恐縮です、繰り返しになりますが、
地震は時間を選びません。皆さまには、特に就寝環境(※)の再確認を推奨しております。
(※近くに落下物や崩れる物が無いないか、照明類や履物を手の届く範囲に置くなど)
また、いつ大きな揺れに遭っても慌てないよう、その場に応じたイメージトレーニングも推奨致します。

では、また何か変化があれば、お知らせ致します。バイバイ


8 comments

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    私は中学生です。
    最近、Twitterでも数日以内に
    太平洋沖巨大地震M9がくる
    などとつぶやかれていますが
    これは本当ですか?
    不安で不安で仕方ありません。
    3.11もあったことから
    津波がいつくるかわからないということで
    安心して眠ることもできません。
    どうか詳しい説明よろしくお願いします。

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    みかみさんへ
    まずは、私のブログを見つけてくれて、ありがとう。
    とっても、嬉しいよ。
    私は、個人的に地震予知の研究を始めて、もうすぐ2年になります。
    でも、私よりもずっと前から、このような研究は何十年も続いていて、
    いまだに、地震予測が天気予報のように成っていないのは、それが
    大変難しい事だからなんたよ。
    だから、私の答えられるのは、申し訳ないけれど「可能性」だけなんだ。
    そこを分かった上で見て欲しい。
    > 最近、Twitterでも数日以内に太平洋沖巨大地震M9がくる
    > などとつぶやかれていますがこれは本当ですか?
    少なくとも、M9クラスの地震が発生する前には「前震」といって、
    本震がM9なら、それよりM1~1.5小さいM7クラスの地震が
    数日から1週間くらい前に発生することが多いんだ。
    だから、何の前触れも無しに、イキナリM9は来ないと思っています。
    実際、311震災の時にも、3日前にM7.3の「前震」があったんだよ。
    ◆そして、今のことろ、それが発生してないから、
     私は「数日内にM9が来る事は無い」と思っています。
    でもね、大自然の事は、人間の知恵だけでは分からない事も多いんだ。
    だから、さっき言った事も「可能性」として言えるだけで、本当の事は
    起きてみないと分からない、と言うのが正直な答えなんです。
    ハッキリとした答えに成っていなくてごめんね。
    ただ、これだけは言えます。
    「一番肝心なのは、心と物の準備」をしておく事です。
    その時が来ても慌てずに行動できるように、どうすれば良いかを、今から
    考えておく事が、自分たちの命を守れる、一番の武器に成ります。
    例えば、今住んでいる場所が海岸に近ければ、一体どこまで逃げられれば、
    「津波」にのまれずに生きられるか。
    M9の地震では、その震源が近ければ、15分~30分位で、大体50m位の
    「津波」が押し寄せて来ます。
    だから、自分の住んでいる場所から一番近い、高台がどこなのか地図で調べておく事。
    また、そこに安全に行くには、どうしたら良いのかを、家族の人と話し合っておく事。
    そして、数日間は水道、電気、ガスは使えないから、非常食や暖を取る準備しておく事。
    こんな事を実際に準備しておけば、もし本当に地震が来ても、ずいぶん安心出来るよね。
    あと、イメージトレーニングも大事だと思います。
    これは、地震があった時にも、慌てずに行動出来るように「心の準備」をしておく事です。
    私から言えるのは、こんな事くらいかな。
    私も、そんな大きな地震が来そうな時は、一生懸命、知恵を絞って、みんなにお知らせできるように
    ガンバルから、このブログやツイッターを見に来てね。
    よろしくお願い致します。
    BOPPOのおじさんより

  • ゆきん子

    SECRET: 0
    PASS: 5254df83cf76b7d13e72f884b1dbb038
    ここ最近の太平洋M9の情報にいてもたってもいられません。
    知り合いが厚岸で働いています。
    大規模の津波が来たら壊滅状態なのですか?
    予測できる範囲で結構です。
    もう少し詳しい”何か”を教えてください。

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ゆきん子さま
    ご質問の件について、ブログ記事にまとめましたのでご覧下さい。
    私は十勝の地震以来、余震が100回を超えており、深発連動理論から
    釧路周辺でM8超の発生を「懸念」しております。
    > 知り合いが厚岸で働いています。
    > 大規模の津波が来たら壊滅状態なのですか?
    仮に、私の予測通りならば、M8.7が発生し、厚岸には40m級の津波
    が押し寄せ、完全に浸水域となります。
    ショッキングな内容で、申し訳ありません。
    私は、以前から申しておりますように「常にリスク側の思考」をしております。
    それは、このような「予測を外すリスク」よりも、
    「巨大地震の発生を見逃すリスク」の方が遥かに甚大であるとの、私の信念から
    であります。
    勘違いをして欲しくないのは、
    私が悪戯に皆さまの不安を煽っているのでは無いということです。
    もし、釧路周辺でM7級の地震があったら、それは「本震M8.7」の前震の可能性
    を考えて下さい。
    それが現実に起こったならば「2日間沈黙」の後に本震発生の可能性があります。
    これを有意と感じて戴ければ、
    是非とも避難経路や方法、備蓄などの対策を、と思っております。
    では、ご参考になさって下さい。
    BOPPO

  • ゆきん子

    SECRET: 0
    PASS: 5254df83cf76b7d13e72f884b1dbb038
    何度もしつこくごめんなさい。
     
    完全に厚岸は浸水域との言葉にショックを受けてます。
    厚岸には避難場所となってる高台がありますが、そこでも駄目という事ですか?
    M7の地震が来なければ・・・助かるのですか?
    ごめんなさい。
    いっぱい いっぱいです。

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > 厚岸には避難場所となってる高台がありますが、
     そこでも駄目という事ですか?
    函館の方から、浸水域が広すぎるとのご指摘があり、
    再度、Google-earthと標高データを照合した結果、
    どうも、浸水シミュレーションの標高データが怪しい
    事が判明しました。
    実際の標高データと合わせると、以下のリンクの範囲
    になります。
    当初のデータと比較すると、かなり限定的になりました。
    http://boppo.main.jp/wp-content/uploads/201302072130465f7.jpg
    > M7の地震が来なければ・・・助かるのですか?
    これまでのM8を超える規模の地震では、しばらく前震が続き、
    急に静穏期が2~3日あった後に、本震M8超が発生しております。
    大自然相手ですので、100%確実とは言えませんが、
    この静穏期の処でM7級の前震が来なければ、一応セーフではないかと、
    これまで見て来た数多くのデータからは、考えております。
    すっきりしないでしょうが、私の言えるのは、ここまでです。
    BOPPO

  • ゆきん子

    SECRET: 0
    PASS: 5254df83cf76b7d13e72f884b1dbb038
    お忙しい中ありがとうございました。
    ただ一つ・・壊滅的状態はさけられます・・よね?
    お身体に気をつけてくださいね。

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ゆきん子さま 津波40m級ならば、ほぼ311震災と同等ですので、申し上げにくいのですが、被害規模としては、同じになる事は避けられないと考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA