余震はいつまで続くのか?その483a(磁気嵐スパイラル-)

今年4/24から約2ヶ月続いた、今回の磁気嵐ロジックが終息し、
 次の磁気嵐が来るまでは、月齢相関と深発連動のみの予測表となります。

◆本日の深発2回(薩摩、津軽)に伴い、
 東日本域 6/19(水),21(金)「要警戒」 6/22(土)「要注意」
 北海道東方沖 6/19(水),20(金)「要警戒」 6/21(金)「要注意」

◆最新の深発連動グラフは、ページ上にある、
 最近の記事◆現在の深発地震連動の後発地震想定からご確認ください。


皆さまに於かれましては、引き続き今一段の警戒をよろしくお願い致します。
現在の日本の状況は、また、いつM6クラスが発生しても不思議ではありません。
◆現在の国内地震のポテンシャルを表す予測AはM7.3を示唆しております。
◆予測表です。
(注)上下2段で一日分の予測時刻を表していますので、上下で順不同の場合があります
 予測表の見方はこちら→「予測表の見方と意味合いについて
 (A~Dグループ:過去のCMT解析すべり角と潮汐ベクトル角との相関が強い震源域を示す)
A 浦河沖、宮城沖、福島沖、千葉東方沖、駿河湾、広島北部、奄美大島
B 三陸沖、福島沖、茨城沖、千葉東方沖、奄美大島
C 秋田内陸、宮城沖、福島内陸、福島沖、茨城北部、和歌山北部
D 三陸沖、岩手沖、宮城沖、福島沖、茨城北部、茨城内陸、茨城沖、千葉東方沖
磁気嵐解析1043h3
凡例:背景色の意味(磁気嵐ロジックグラフと色合いを合わせました)
磁気嵐ロジック確率についての解説。
 元々は磁気嵐によるM6超クラスの発生確率(遅延特性を含む)をUSGSデータ39年分から調査
 したもので、実績との比較から地震規模との相関関係(M5-~M7++)があり表記に採用したものです。
 
赤字は「魔のくぼみ」、青字は「急変点」で要注意時間帯を表わします。
月齢相関に基づく記号の解説
 これは、311震災後の月齢とM5以上(N=5885)の地震発生確率の相関を取ったもので、以下に分類。
 ★ 特異日(確率3倍超)
 ☆ 注意日(確率2倍超)
 ◇予備日(平均確率)
 △平均以下の日

※予測誤差は±60分で、全有感地震の約70%以上が符合しております。
毎度で恐縮です、繰り返しになりますが、
地震は時間を選びません。皆さまには、特に就寝環境(※)の再確認を推奨しております。
(※近くに落下物や崩れる物が無いないか、照明類や履物を手の届く範囲に置くなど)
また、いつ大きな揺れに遭っても慌てないよう、その場に応じたイメージトレーニングも推奨致します。

では、また何か変化があれば、お知らせ致します。バイバイ


3 comments

  • SECRET: 0
    PASS: 97e67e9fc56f8d488a07c100c70057c8
    いつも興味深く海外から拝見しています。
    ところで、今週末はスーパームーンだそうです。
    災害に関係があると言う人と、否定する人が居ます。
    boppoさまはどのようにお考えですか?
    2011ののスーパームンの時、直後のNZと東日本大地震の関係があるのかなぁ?なんてぼんやり思っていましたが、スーパーム―ンて毎年起こっていますし、関係ないのでしょうか。

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    なっぱさま
    ご質問ありがどうございます。
    「スーパームーン」は月の潮汐力を平均より23%増加させますが、統計的に発震への優位差は見つかりません。
    実際、311震災時に月は逆に遠くありました。
    したがって、私は否定派です。
    詳しくは、右サイドメニューNo.12にて→http://boppo20110311.blog.fc2.com/blog-entry-822.html

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    過去記事にすでに挙っていた題材だったのですね!
    検索してから書き込むべきでした。
    お手数をおかけして申し訳ありません。
    ツイッターもフォローさせて頂いています、そちらでもコメントを拝見しました。
    煩わせて申し訳ないです。
    体調を崩されているようですね、どうぞご自愛下さい。
    いつも時間を割いて記事をアップして下さってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA