「福島浜通り」の群発地震について

◆全くの前触れも無く突然 7/23 12:02M5.2震度4から始り
 有感地震だけでも14回と成っている「福島浜通り」群発地震について、
 私としても気掛かりだったので、GR則による調査をしました。
◆まずは、発震状況の時系列データですが、特徴的な動きが見られます。
 一般的に群発余震は、グラフの赤点線の様に逓減するのが通常ですが、
 「福島浜通り」群発地震では、一向に下がる気配が見えません。
震度の予測434GR1
◆そして、以下がGR則を当てた試算結果です。
 別添の震源域からM6級を想定し、累積確率50%で1ヶ月、98%で3ヶ月でした。
震度の予測434GR2
◆これまでの震源分布と予想される震度です。(震源域を断層面として、宇津則からM6を想定)
 計算震度は、福一・福二ともに震度4となっておりますが、福二は距離30kmで震度5弱に近い震度4
震度の予測434GR3
◆読者の中には、私のM6の想定に対して、
 最初にM5.2があって余震も200回近くあったのだから、M6くらいのエネルギー解放は
 もう済んでいるだろう、とお考えになる方もいると思います。(174回のエネルギー総和M5.204)
 しかし両者のエネルギー比、M6.0/M5.2=10^[1.5*(6.0-5.2)]≒16倍もあるのです。
色々と嫌なデータが出始めた福島原発(特に福一)だけに、
これ以上の地震は起こらない様にと、ただ々願うばかりです。(-_-)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA