次の磁気嵐の到達予想について [11/30 17:50回避]

笑顔 毎度のお付き合いをありがとうございます。
さて、一難去ってまた一難。
今度は、11/26 21:00JSTと11/27 18:00JSTに発生した 2つの太陽面爆発に伴う磁気嵐の予測です。
場所はAR1620の北側で地球のほぼ真正面での発生でした。
磁気嵐解析876
以下は、CME地球到達時のNASA(ゴダートによる)シミュレーション結果です。
◆両者は21h差の発生ですが、ちょうど地球の辺りで2つのCMEが重なって強力になります。
磁気嵐解析877
◆到達予想日時は、11/30 7:00JSTの見込みです。

 地球到達時の速度は 500km/sと平均的ですが、プラズマ密度が50c/cm3近くあり、
 比較的強い地磁気反応が出ると考えております。


◆このところ、CMEシミュレーションの空振りが続いていますが、今回はどうでしょうか。
この後、大きな余震が来ない事を祈ります。
I pray for all the worlds.
[11/30 7:25追記]
現在、CME到達予測の7時を回りましたが、ACE衛星データはプロトンにも変化無し。
少なくとも、まだ数時間は来ないものと考えます。
出来れば今回も、回避と言う事でお願いしたい処ですが。
どうでしょうか。

磁気嵐解析878
[11/30 17:50追記]
現在、CME到達予測の7時を11h経過しましたが、ACE衛星データは全て変化無し。
HAARPの地磁気反応も微弱で、磁気嵐ロジック対象外でした。
唯一変化を見たのが、
HAARP磁気周波数スペクトルで、本日11/30 5:30から反応が現在も続いております。

磁気嵐解析879
◆結論として、磁気嵐ロジック的には、地磁気反応が出ていない事から、
 11/27に続き、今回も「磁気嵐は回避された」と判断します。「ホッ」


2 comments

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    今回はダークフィラメント噴出の影響なく回避されたと思います
    ただ正しい情報を探すブログでは19時ごろ到達予想してます
    私の考え方はMフレア発生した時にプロトン数値が上昇したMフレアに地球に影響すると思います
    今回は地球に影響ある場所で発生したのでゴダートがフィラメント噴出と勘違いした可能性があります
    ただ向きが地球の方向を向いているのでMフレア本体到達する1日 06時±3時間 16時±3時間は太陽風速報上昇と南北磁場の変動が少しあると思います

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ヒデさま
    本日も、コメントありがとうございます。
    > 今回はダークフィラメント噴出の影響なく回避されたと思います
    >
    > ただ正しい情報を探すブログでは19時ごろ到達予想してます
    今回は、各観測値を見た中で唯一、HAARP地磁気周波数スペクトルだけが変化しました。
    NASA-iSWAの地磁気圏シミュレーションで確認すると、かなりの圧縮を受けていた様です。
    > 私の考え方はMフレア発生した時にプロトン数値が上昇したMフレアに地球に影響すると思います
    これは、CMEとプロトンのスパイラルラインがほぼ同一経路との考え、綿もその通りだと考えます。
    > ただ向きが地球の方向を向いているのでMフレア本体到達する1日 06時±3時間 16時±3時間は太陽風速報上昇と南北磁場の変動が少しあると思います
    まだ、次があるとは思ってもおりませんでした。
    監視体制継続します。
    本日は、貴重なご助言、ありがとうございました。
    BOPPO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA