巨大地震は、今後も予断を許さない

毎度のお付き合いをありがとうございます。

あの大惨事から、早くも2週間が過ぎようとしています。

私の住む水戸周辺でも、
かなりの被害は出ているものの、一応ライフラインはほぼ回復してきており、
東北の甚大な被災状況を見るにつけ、「何のこれしき」と思うのです。

原子力からの放射能汚染の拡大も、今では風評被害にまで発展してきており、
とにかく早く収拾させて頂きたいものです。

ところで、
これほどの大きい地震には、長期間に亘って大きな余震が続くことは容易に
想像がつくところですが、静岡大学小山教授の興味深い内容の論評がありま
したので、ご紹介したいと思います。
-----------------------------------------------------------------—-
◆東日本沖で起きた巨大地震について
 [静岡大学防災総合センター教授 小山真人2011/3/21]

日本海溝に沿ったすべてのプレート沈み込み境界が同時に破壊し、
マグニチュード9.0という超巨大地震が起きました。
(中略)
これほどの規模は、少なくとも歴史上に無かったことで、おそらく
1000年に1度か、それ以上の低頻度大規模災害が起きたのです。
(中略)
こうした中で大規模余震や続発地震や津波が起き、原発周辺に再び
被害を与えて収拾がつかなくなることが今もっとも心配です。
(中略)
また、今回の地震では、三陸~茨城沖にある南北500kmにおよぶ巨大
な震源断層面が最大30mほどずれ動きました。さらに、地震後も震源
断層は安定化せず、「余効変動」と呼ばれるゆっくりとした断層運動
が継続しており、さっそく富士山の真下で3月15日夜の地震M6.4を引き
起こし、さらに茨城沖南側の房総沖プレート境界でのM8級の続発地震
も心配です。
(中略)
今回のメカニズムと類似する2004年スマトラ沖地震(M9.1)の南側に隣接
したプレート境界で、3ヶ月後にM8.6の大地震と大津波が生じました。
その後も、M8級の大地震が何度か引き続いて今日に至っています。
つまり、
日本の地殻は、言わばパンドラの箱が開いてしまった状態にあります。
これまでの地学的に安定した時代は終わりを告げたと認識すべきです。
スマトラ地震との比較.jpg
-----------------------------------------------------------------—-

そこで、
私なりに、過去の巨大地震について、本震と余震の関係を調査しました。

過去の地震調査.jpg

最大規模とされる1960年チリ沖地震では、本震こそ大きいものでしたが
最大余震は、その1/300ほどで数日のうちに来ています。

ところが、今回の地震と発生メカニズムが似ているとされる、
2004年スマトラ沖地震では、3ヶ月後に本震の約1/10の余震がありました。
これを仮に今回の地震に当てはめると、6月中旬にM8.3の余震が房総沖で
起こる可能性があるという結果になります。

3ヶ月後と言えば、
おそらくは、やっと今回の地震からの復興ムードが出てきた矢先に、出鼻を
くじかれるようなものです。

この世に神様が本当にいるならば、
どうか願わくば、こんな惨い二重苦となるような試練は起こさないで下さい。

ただ、ただ、ひたすらに願うばかりです。

では、また。

カレー屋さん その後(被災その2)

毎度のお付き合いをありがとうございます。

ブログで何度かご紹介している
インドカレー屋さん(スパイスインティア)ですが、昨日たまたま前を通り
かかったら、アヌラグさんをはじめ、スタッフが最後の片づけをしている
ところでした。

最近、福島のいわきに出したばかりのお店は、建物の損傷が酷く、再開は
断念したとのこと。

ここ水戸のお店は、
材料さえそろえば、直ぐにでも再開できる状態だそうで、とりあえず社長
の意向で、地震が治まるのを待って、本社のある大阪に一週間ほど避難する
ことになったそうです。
本当に良かった。

一週間後の再会を誓って、スタッフの方々と固い握手をして別れました。

私は、ライフライン関係の仕事をしていますが、何とか全復旧まで
もう一息のところまで来ました。

とりあえず、
この3連休でゆっくりと心身を休め、来週からの激務に臨みたいと思います。

では、また。

カレー屋さん その後(被災)

毎度のお付き合いをありがとうございます。

このブログでも
何度かご紹介している、インドカレー屋さん(スパイスインディア)ですが、
先日の大地震で建物が半壊し、見るも無残な状態になってしまいました。

従業員は
毎日少しずつ崩れた建物の片付けに来て、屋根にはブルーシートが掛けられ、
今朝は、
お店の前を通ると、建物自体が危険な状態なのか、前の歩道のところに赤い
ポールが並べられ、歩道を迂回するようにしてありました。

本当に、ひいきにしていたカレー屋さんだけに、残念でなりません。

アヌラグさんをはじめ、
従業員の方、どうにかお店が再開できるよう、かげながら応援していますよ。

我が家のあるマンションですが、
かなり安全率の高い丈夫な構造ですが、それでも、あちこちに大地震の傷跡
は残っています。
構造的に深刻な部分が無いのは不幸中の幸いですが。

みなさん、復興に向けて、頑張りましょう。

では、また。

水戸は震度6弱

毎度のお付き合いをありがとうございます。

M9.0という世界でもまれにみる巨大地震の破壊力に、ただ茫然と
してしまいました。

私の住む水戸では震度6弱でしたが、
それでも、ビルの壁はひびや崩落している箇所もあって、歩道や道路も
ところどころ波打つようになって、通行止めの場所もあります。

我が家は、幸運にもほとんど被害もなく、家族もみな無事でした。
本当に不幸中の幸いです。

今日になって、ようやく部屋中に散乱した荷物の整理も8割方済んで、
ブログを再開できるまでになりました。

関東では、
茨城県が一番インフラの復旧が遅れており、特に県北では、いまだに
電気も水道も復旧の目途が立っていない地域もあります。

我が家のある
水戸の中心部は、早い段階で電気と水道が復旧しており、関係者の皆さま
には、本当に感謝の思いで一杯です。

東北地方では、
関東とは比較にならないほど甚大な被害が出ており、毎日を大変な思いで
過ごされている方々も大勢いらっしゃると思いますが、それでも必ず復興
の日は来ることを信じて、頑張りましょう。

私も、インフラ関係の仕事をしており、当日からの2日間は、会社に缶詰
状態でしたが、ようやく今日一日からだを休めることが出来ました。

明日から、私も微力ではありますが、
少しでもインフラの復旧が早くできるよう、頑張ります。

では、また。

眺望限界 北限の富士(続編その2)

毎度のお付き合いをありがとうございます。
以前「眺望限界 北限の富士(続編)」でご紹介した、
福島県花塚山から遥か308km彼方の富士山遠望に挑戦している方々の様子について、
NHKの「ワンダフル東北「富士よ姿を見せてくれ~富士遠望の北限に挑む~」という
タイトルで東北限定放送があった件ですが、その後の反響が大きかったこともあってか
「北限の富士遠望に挑む」というタイトルで全国放送(徳島県を除く)されるようです。
しかも、私が気付いたのが前日でした。
放送日時、(明日です)3月11日午後3:15~3:59で、NHK総合テレビ「ろーかる直送便」
という番組の枠で放送されます。
この件に関係するデジブックが何本か登録されているようですが、コメントのやり取りを
見る限りでは、撮影はまだ成功していないようですね。
興味のある方は、どうぞご覧ください。
私は、早速ビデオ予約セットしました。
では、また。

1 426 427 428 429 430 447