月の位置関係(潮汐ベクトル方向)と震源域予測の可能性について

毎度のお付き合いをありがとうございます。

前回の「余震はいつまで続くのか?その68」の中でご紹介した震源地予測の可能性について、
更に、過去のM6クラスの余震を検証した結果、以下の様な傾向にあることが判明しました。

    --月出3h前--南中3h前--南中3h後--月入3h後--
震源域  千葉東方沖   福島浜通り   岩手沖    宮城沖
候補地   三陸沖     茨城内陸             三陸沖

これで一応、余震の日時、規模、震源域の3点セットが揃ったことになります。
(注:これまでの余震実績からの推定ですので、どうしても東北地方が多くなっています)

これからは、この3点セットでご紹介していきたいと思いますので、よろしくお願い致します。
  ------月齢--月出3h前--南中3h前--南中3h後--月入3h後--
震源域           千葉東方沖   福島浜通り   岩手沖    宮城沖
候補地             三陸沖    茨城内陸             三陸沖

◇7/23(土)  21.8   18:18     0:33     6:32    13:29
  7/24(日)  22.8   18:52     1:19     7:20    14:32
◇7/25(月)  23.8   19:41     2:16     8:19    15:41
  7/26(火)  24.8   20:39     3:17     9:21    16:50
(◇は予備日)

さて、皆さまには、既にご承知のこととは存じますが、
これまでの予測実績からも、私の予測に空振りが多いことは明らかですね。
これは、私の予測がM5.4程度以上の統計に基づく余震発生の可能性(確率論)を思考している事に起因します。

例えば、
M5.4以上の余震は、この一ヶ月平均で3日に1回程度ですので、当然空振りが多いことになります。
したがいまして、私の予測は、防災の一助とお考えいただき、参考程度にご覧いただければ幸いです。

では、また。

余震はいつまで続くのか?その68 (地震警報発令16)

毎度のお付き合いをありがとうございます。

本日の予測は、全て空振りに終わったようですね。
その代わりではないですが、本日はM4超の余震が8回という、至近にない特異日となりました。

グラフについては、特に変化はありませんが、予測A,Bの差が開いたため、予測規模の下限値も入れてみました。
震度の予測53.jpg

残された、予測日時は以下の通りです。

  ------月齢--月出3h前--南中3h前--南中3h後--月入3h後--
◇7/23(土)  21.8   18:18     0:33     6:32    13:29
  7/24(日)  22.8   18:52     1:19     7:20    14:32
◇7/25(月)  23.8   19:41     2:16     8:19    15:41
  7/26(火)  24.8   20:39     3:17     9:21    16:50
(◇は予備日)

さて、ここで至近でM6超の余震について少し検証してみようと思います。
対象は、7/23 6:51の岩手沖でM6.7ですが、
この日の月齢は21.3で、発生時刻の6:51は月南中3h後8:05に潮汐ベクトル補正の進み1:25を考慮すると、
6:40となって、予測誤差11分となります。

これを明日の月齢21.8に当てはめると、月南中3h後に潮汐ベクトル補正を考慮した時刻6:32が相当します。

つまり、
同じ月齢で月の位置関係が符合する明日7/23 6:32での発生ならば岩手沖ではないかと考えました。

また、以前検証した、7/15 21:01の茨城県南部でM5.4の潮汐ベクトル(南中時3h前)と符合する、
今夜の7/23 0:33の発生ならば茨城内陸と考えられます。

更に、既に検証済みの7/10 9:53の三陸沖M7.3の潮汐ベクトル(月出3h前)と符合する、
明日の夕方7/23 18:18の発生ならば三陸沖と考えられます。

今まで、震源地についての予測には触れて来ませんでしたが、
これまで検証した予測時刻の誤差が20分以内と、あまりに高精度なので、
潮汐ベクトルの向きに着目すれば、同じ震源地(断層)での再発生を予測できるのではないかと考えた訳です。

まだ、試みの段階ですので、予測日時に加えての、参考事項としてご覧ください。

では、また。

気象衛星での異変?

毎度のお付き合いをありがとうございます。

今日は、朝からM4クラスの余震が既に6回も発生していますが、逆にこういう日は、予測値は上昇しません。
(グーテンベルク則平均余震規模との差が縮まるためです)

したがって、予測はM7.422で、+誤差0.65を加えるとM8.09です。(-誤差0.65では、M6.79です)

ところで、久々に気象衛星の可視画像を確認したら、優に150km超の地震雲と思われる雲が、
お昼過ぎから今も同じ位置で、房総から伊豆諸島方面に向かって伸びています。
気象衛星地震雲1.jpg

周りの雲が台風の動きによって目まぐるしく散り去っていく中、この雲はずっと同じ位置に固定化されています。
(これって、異常ですよね)

そろそろ、次の予測時刻17:57に近づいてまいりました。
これまでの予測時刻の精度検証結果から、予測誤差は±20分程度と考えますので、
およそ17:40~18:20は、強い揺れが来ても対応できるよう、備えて下さい。

では、また。

余震はいつまで続くのか?その67 (地震警報発令15)

毎度のお付き合いをありがとうございます。

お早うございます。グラフの方は特に変化が無いので省略します。
予測の現在値(6:50)は、M7.420で+誤差0.65を加えると、M8.07です。(-誤差0.65では、M6.77です)

残すところ、あと5日間となりましたが、
これまでのケースでは、特異日の次の日も大きいのが来る傾向があるようです。

  ------月齢--月出3h前--南中3h前--南中3h後--月入3h後--
  7/22(金)  20.8   17:57    不発でした  不発でした  12:37
◇7/23(土)  21.8   18:18     0:33     6:32    13:29
  7/24(日)  22.8   18:52     1:19     7:20    14:32
◇7/25(月)  23.8   19:41     2:16     8:19    15:41
  7/26(火)  24.8   20:39     3:17     9:21    16:50
(◆は特異日、◇は予備日)

皆さまには、予測時間の±20分は、いつ大きな揺れが来ても対応できるよう、ご注意下さい。
出来れば、この計算(余震規模について)が間違っていてほしいです。

では、また。

追伸
今朝から、千葉と茨城で立て続けにM4クラスが4回も発生しています。
これらが、単にエネルギーの解放なら良いのですが、次の前震とも考えられます。

分析するほど嫌なデータが揃います

毎度のお付き合いをありがとうございます。

特異日である今日も、残すところあと1時間を切りましたが、24:00が怖いです。

と言うのも、7/15 21:01に茨城県南部でM5.4、最大震度5弱の時の潮汐ベクトルを計算すると、
当日月齢13.8の南中時3h前が20.59に対して、潮汐ベクトルによる進み補正が0:16ですので、
20:43でちょうど潮汐ベクトルが地面に対して45度方向となります。
すると、予測誤差は18分となります。

これに加えて、M5.4の2時間前に茨城県沖でM3.8の前震と思われる余震がありました。

そして今日は、
20:53に茨城県北部でM3.3の余震がありましたが、これは次の予測時刻24:00の3時間前です。
しかも、24:00は茨城県南部の時と同じ、南中時3h前になります。

やけに不都合な方向に、状況が一致してきます。
しかも、昨日から時間を追うごとに千葉と茨城の余震割合も増加しています。(この12時間は50%)

これまでの予測日時の検証実績から、
予測誤差は±20以内と考えられるので、次は、23:40~翌0:20の間と思われます。

全てが、私の思い過ごしであることを祈ります。

では、また。

追伸
先ほど、23:21に茨城沖でM3.9の地震がありました。
更に、 0:05にも茨城沖でM2.8の地震がありました。

追伸2
既に予測時刻を25分超経過していますので、取りあえず特異日はやり過ごしたと考えます。
ただ、今後も大体6時間毎に予測日時が巡って来ますので、引き続き警戒下さい。
私は、今日はこれにて就寝いたします。

1 590 591 592 593 594 631