同じ誕生日の人

笑顔毎度のお付き合いをありがとうございます。
最近、
計算とは関係ない書き込みが多いので、そろそろ小出しに行きたいと思います。
さて、皆さんのお子様(小学校とか幼稚園など)でも身の回りでも良いのですが、
同じ誕生日の子(人)が偶然にしては、感覚的に多いような気がしませんか?
今回は、これについて計算してみようと思います。
まずは、簡単のため、同じ誕生月の人がどれほどの確率になるかを考えてみます。
計算方法ですが、まず2人の場合から考えます。
それぞれが違う誕生月の確率は、
簡単に、11/12×100%≒91.67%となりますが、
同じ誕生月の確率は、これの逆なので100%-91.67%=8.33%
となって、ほとんど一緒にならないですね。
感覚的にも、そんな感じかなぁと思います。
では、6人ならどうでしょう
まず最初の2人が違う誕生月の確率は、 11/12
次の3人目は他の2人とも違う月なので、 10/12
次の4人目は他の3人とも違う月なので、  9/12
次の5人目は他の4人とも違う月なので、  8/12
最後の6人目は他の5人とも違う月なので、 7/12
となって、全ての確率を掛け算すると、22.3%となりますが、
同じ誕生月の確率は、これの逆なので100%-22.3%=77.7%
何となく、6人なら感覚的には半分の50%かなとも思いますが、
計算してみると、感覚よりも多いことが分かります。
じゃぁ、12人いたら100%になるのかって?
同じように計算すると、99.995%となって100%にはならないのです。
不思議ですねぇ。
では、同じ誕生日で計算してみましょう
理屈は、誕生月のときと同じです。(閏年は考えません)
では、5人ならどうでしょう
まず最初の2人が違う誕生日の確率は、  364/365
次の3人目は他の2人とも違う日なので、  363/365
次の4人目は他の3人とも違う日なので、  362/365
最後の5人目は他の4人とも違う日なので、361/365
となって、全ての確率を掛け算すると、97.3%となりますが、
同じ誕生日の確率は、これの逆なので100%-97.3%=2.7%
もう、同じ日になるのは奇跡に近いですね
同じ計算を10人でやると、11.7%
       20人なら、   41.1%
       30人なら、   70.6%
       40人なら、   89.1%
       50人なら、   97.0%
となって、人数が増えると飛躍的に確率が増していきます
今の小学校のクラス定員は、最大40人くらいなので、だいたいは90%
の確率で同じ誕生日の人がいるような計算です。
じゃぁ、100人いたら100%になるのかって?
同じように計算すると、99.99997%となって、やっぱり100%には
ならないのです。不思議ですねぇ。
では、今日はこのへんでバイバイ
確率

キャラメルポップコーンの上手な作り方

毎度のお付き合いをありがとうございます。
皆さんもご存知のテーマパーク(O”oO”ニーランド)でたくさん売れている
キャラメルポップコーン」本当にアメリカンなお味で美味しいですよねぇ。
わたくし、研究に研究を重ねまして、ついに99%くらいまで近づくことが出来ました
RIMG1030.JPG
家族からは、また作ってぇ~ん。の嵐でございます。
そして、私は出し惜しみしないタイプですので、全部教えちゃいます。
<<<用意するもの>>>
◆フライパンとフタ
 耐熱皿(ドリア一人前が入るくらいのもの)
 ゴムべら
 猫手(熱いのが苦手)な人は、ミトンなど
 ビショビショにした台拭きかお手拭き(フライパンの粗熱を冷やすのに使います)
◆[材料A]
 コーン油(サラダ油など何でも結構です)… 大さじ5~6
 ポップコーンの豆  ……………………… 60~70g
◆[材料B]
 キャラメルシュガー
  (テーマパークと同じGold medal社のもの)… 50g
 バター
  (なんでも結構、マーガリンでも可です)……… 20g
 牛乳 …………………………………………… 20g
 メイプルシュガー
  (よくホットケーキ用とかで売ってるやつ)…… 10g
◆購入先のお問い合わせがありましたので、以下の商品がお勧めです(^^

★ キャラメルフレーバー ( キャラメルシュガー ) 794g
老舗 GOLD MEDAL [ キャラメルポップコーン フレーバーシュガーお買い得 ]

価格:1,100円


まず、[材料A]をフライパンに入れ、フタをしてから、[中火のやや強め]
で火にかけておきます。(時々ゴソゴソと振るのを忘れずに)
この間に[材料B]を耐熱皿に入れて、一度軽くまぜてから、
電子レンジ[500~600W]で30秒チンします。
もう一度、バターなどが良く溶け込むように混ぜてから、
今度は、電子レンジ[500~600W]で様子を見ながら50~60秒チンします。
★ことのとき、全体がカラメル状に泡立ってきたら、すかさず停止して、
全体が均一になるまで良く混ぜます
(小さなフォークなどで混ぜると簡単です)
だいたい、このくらいの事をやっていると、ポップコーンも弾け終わるので、
焦げ臭くなる前に、(不発弾も覚悟で)一気にビショビショにした台拭きかお手拭き
の上にフライパンを乗せて、粗熱をジューッと、とってあげます

★これを怠る(または遅れると)とポップコーンは、ものの見事に真っ黒こげになりますょ。
さて、ポップコーンの粗熱が冷めたら、先ほどの[材料B]を[ゴムべら]を使って
これも一気にかけ合わせます。(熱いのでミトンを使う方はどうぞ)
勿体ないので、キャラメルはゴムべらで良~くコソギ落として下さいねぇ。
それから、フライパンの底に方にもへばり付いてるので上手にすくって絡めましょう。

RIMG1032.JPG
ゴムべらで全体にまんべん無くキャラメルを絡めていき、全体が冷めてきたら、
サクサクとなるまでゴムべらでふわふわと混ぜて下さい。(強くやると粉クズが増えます)
RIMG1029.JPG
そして、少し放っておくと残った熱で、水分が上手に飛んでくれる(ハズ)なので、
サックサクのキャラメルポップコーンの完成でぇ~す。
(サクサク感が無い時は、電子レンジで20秒チンして冷ましながら何度か調整してください)
RIMG1031.JPG
自信作です。皆さまも、どうぞお試しあれ。
では、今日はこのへんで。

子どもの運動会

毎度のお付き合いをありがとうございます。笑顔
書き忘れまして、
もう昨日のことですが、一番上の子(小学校)の運動会がありました。
RIMG0310.JPG
朝一から、ベンチの場所取りとお昼のお弁当(サンドイッチ)の用意で、
大忙しでしたが、天気も良く最高の運動会日和でした。
うちは
PTA関係の係を持っていなかったので、あのくらいで済みましたが、
係になると、更に前日や前々日から色々と用意があって大変な様です。
RIMG1017.JPG
うちは、
子どもが3人いるので、そのうち大役も引き受けざるを得ない状況に
なるのでしょうが、なるべく引き延ばして、一番下の子の時にでも
係になろうかと、ひそかに思ったりしています。
RIMG1025.JPG
綱引きもPTA出場行事ですが、うちは私も妻も腰痛持ちなので、
申し訳ありませんの気持で、ご辞退しております。
帰りも何が疲れるのか ヘトヘトになりながらも何とか片付けて、
また、スパイスインディアのカレーをテイクアウトして帰りました。
では、今日もこのへんでバイバイ
スバイスインディア

ブレスレットの追加注文(交換)

毎度のお付き合いをありがとうございます。

先日ご紹介したブレスレットの件で、妻への感謝の印にと思って注文したローズクォーツ
とスワロフスキーのセットのブレスが、つなぎ目の部分が摩耗しているのか、黒く変色
しているのが分かり、妻としては、キラキラしてて気に入っていたのですが、
残念ながら、色々考えても構造的な欠陥(硬度差の未考慮)と考え返品することにしました。
RIMG1000.JPG

そして、
今度は同じ過ちをしない為にも、それぞれの石の硬度も見て、つなぎ目の硬度差による
スレ傷が出来にくいと思われるものに交換(再注文)しました。
ピンクオパールとアマゾナイトの間にAAAAAクォーツの組み合わせです。
キラキラ感はスワロフスキー程ではありませんが、身に着けた感じが
自然でイヤミな感じの無いのが好感が持てます。
RIMG1037.JPG
RIMG1034.JPG

私は、以前から手元に置きたいと思っていたターコイズ(トルコ石)
しかも、今回のものは一般的に良く見られる淡い水色ではなく、珍しい緑系のものです。
RIMG1031.JPG
RIMG1036.JPG

どちらも、お気に入りの一点になりそうです。

では、今日はこのへんで。

カレー屋さんに曲のプレゼント

毎度のお付き合いをありがとうございます。

先日ご紹介したカレー屋さん「SPICE INDIA(スパイスインディア)」ですが、(徒歩)通勤ルートの
途中(というか自宅マンション前)のため、毎日のように前を通っていると、自然と従業員
とも顔見知りになって、あいさつ方々ちょっとした話をするのですが、中から聞こえてくる
音楽の話になって、やはり一般的なインドの方々はインド独特の楽曲が好みなようで。

私の家にも、1980年代後半のエスニックブームの頃に買ったCDがあったので、その話を
すると是非聞いてみたいというので、どうせならとCD-Rに焼いてプレゼントした訳です。

アルバム名は、「Najma Qareeb(ナジマ カリブ)
Najma.jpg

歌詞は、Najma本人による作詞で、全てウルドゥ語で書かれています。(お店の人は分かるのでしょうね)
ちなみに、このアルバムジャケットは日本発売用だったようです。

今聞いてみても、独特の音楽観が広がっていて、私の好きなアルバムの一つです。
特に好きなのは、Dil Laga Ya Thaという、ポップ系のリズミックな曲です。

早速、お店の中で聞いていた従業員のバッドゥさんも、のりのりで気に入ってくれたようでした。
でも、インドには、このくらいの歌手はザラにいるようで、従業員の誰も知りませんでした。
懐かしい言葉で言えば「インド人もビックリ」といったところでしょうか。
(果たしてこの古いギャグ、何人のひとに分かってもらえるか。。。S&Bカレー)

では、今日はこのへんで。

1 397 398 399 400 401 405