余震はいつまで続くのか?その19 (ほぼ的中かな)

毎度のお付き合いをありがとうございます。

今日もパソコンを開けてビックリ、既にアクセスが550超です。(pm7:00現在)

おまけに、
先ほど17:49にあった茨城県沖の地震は、予定時刻より少し早かったものの、余震規模M5.6は的中でした。
震度の予測8.jpg

今後の予測ですが、
この地震で、またリセットがかかりましたので、明日の余震は、せいぜいM5.2程度と思われます。

仮にM7級が来るなら7/10頃、M8級は7/20頃まで、余震の小休止が続いた場合になります。

一応、月齢との関係で、
次の大きい余震が起こる可能性のある日にちは、7/13,14ですが、このところ、ほぼコンスタント
に3~5日間隔で、適度にリセットがかかっているので、しばらくは余震の経過を様子見ですね。

では、また。

余震はいつまで続くのか?その18 (今朝のグラフ)

毎度のお付き合いをありがとうございます。

昨晩は、結局アクセス数が928まで延びました。驚異的です。
本当に励みになります。

さて、今朝時点での予測グラフですが、以下の様になっております。
震度の予測7.jpg

これによると、このところの余震レベルが小さく、余震の累積合成値がグーテンベルク則平均余震
まで届かない日が続いているため、予測としては平均傾斜より若干大きくなってます。
数値としては、M5.6ですので、誤差0.5を考慮すると、M6.1程度の可能性があります。
---------------------------------------------------------------------------—-
 -------月齢--月の出2時間前--南中時----
  6/21(火)  19.2     20:26      3:41
  6/22(水)  20.2     20:52      4:23
 -------月齢--南中3時間後----
◆6/21(火)  19.2      6:41
◆6/22(水)  20.2      7:23
(◆は特に確率が高い日時)
---------------------------------------------------------------------------—-

今後も、
また何か変化があれば、最新データをご提供いたしますので、よろしくお願い致します。

では、また。

驚愕の900超アクセス/日

毎度のお付き合いをありがとうございます。

今日はPCを開いてみて、まず自分の目を疑いました。
なんと、今日のアクセス数が900を超えているのです。(pm11:30現在)
しかも、国内外を問わず、大学、研究機関、自治体などビューアーも多岐に亘っています。
一日アクセス900超.jpg

これは、もう皆さんの一番の関心が、
地震なんかより、目に見えない、放射能汚染への恐怖に移って来ていることの証です。

全く危機管理の出来ない(あるいは危機感の無い)、
日本政府の怠慢な対応で、多くの罪のない命が今も危険にさらされているのです。

とにかく今の政府には、一日も早い適切な対応を望むところですが、既に政府を信頼しない人々は、
自己防衛的に、西日本へと避難を始めているようです。

では、また。

余震はいつまで続くのか?その17 (またリセット)

毎度のお付き合いをありがとうございます。

今しがた、
M5.9の余震がありましたが、今日は不意を突かれた感じです。
正直、次は6/20過ぎだと予想しておりましたので。。。

ただ、以下のグラフでは、
この時点でM5.6まで来ていましたので、余震の規模としては当たり、とさせて下さい。
震度の予測6.jpg

さて、これでまたリセットがかかりましたので、グラフも下方修正され、
次の日時予測をしている、6/20~22は最大でもM6以下で済むことになります。(M0.5程度の誤差を考慮)
ただ、ここ最近4~6日の間隔で大きいのが来ているので、何となく6/22が一番怪しいかな?
---------------------------------------------------------------------------—-
 -------月齢--月の出2時間前--南中時----
◆6/20(月)  18.2     19:58      2:57
  6/21(火)  19.2     20:26      3:41
  6/22(水)  20.2     20:52      4:23
 -------月齢--南中3時間後----
◆6/21(火)  19.2      6:41
◆6/22(水)  20.2      7:23
(◆は特に確率が高い日時)
---------------------------------------------------------------------------—-

一応、この後は、余震の小休止が長期間続いたとすれば、
M7級は7/7の七夕さま、M8級まで達するのは、7/17になる予定です。

今後も、
また何か変化があれば、最新データをご提供いたしますので、よろしくお願い致します。

では、また。

余震はいつまで続くのか?その16 (4/11にもM7.1があった)

毎度のお付き合いをありがとうございます。

そして、毎日数多くのアクセスをいただき、重ねてお礼申し上げます。

さて、一昨日ご紹介しました、
本震M9.0から3日後の3/14を起点とした余震規模予測の検証結果について、
念のため、気象庁発表の地震データを確認したところ、意外にデータの修正が多く、
7/7の余震はM7.1→M7.4となり、更に、7/11にM7.1の余震が追加
されていました。

これは放置できないので、ロジックの再度検証(最適計算のやり直し)をしました。
震度の予測5.jpg

結果、”“はほぼ正解、”“についても、一応、M0.5の誤差範囲を許容すれば、
ロジックに収まっている事が判りました。

ただし、”“で示した部分では、予測M6.6に対して、実績M5.7とM0.9の過大予測
となっており、イレギュラーのあることも判明しました。

しかしながら、
唯一救われるのは、過小予測(予測値より遥かに大きい余震が来る)が無いことです。

今後も何か問題があれば、可能な限り検証を欠かさず、精度の高い余震規模の予測
をして行きたいと思いますので、よろしくお願い致します。

では、また。

1 397 398 399 400 401 425