カレー屋さんに曲のプレゼント

毎度のお付き合いをありがとうございます。

先日ご紹介したカレー屋さん「SPICE INDIA(スパイスインディア)」ですが、(徒歩)通勤ルートの
途中(というか自宅マンション前)のため、毎日のように前を通っていると、自然と従業員
とも顔見知りになって、あいさつ方々ちょっとした話をするのですが、中から聞こえてくる
音楽の話になって、やはり一般的なインドの方々はインド独特の楽曲が好みなようで。

私の家にも、1980年代後半のエスニックブームの頃に買ったCDがあったので、その話を
すると是非聞いてみたいというので、どうせならとCD-Rに焼いてプレゼントした訳です。

アルバム名は、「Najma Qareeb(ナジマ カリブ)
Najma.jpg

歌詞は、Najma本人による作詞で、全てウルドゥ語で書かれています。(お店の人は分かるのでしょうね)
ちなみに、このアルバムジャケットは日本発売用だったようです。

今聞いてみても、独特の音楽観が広がっていて、私の好きなアルバムの一つです。
特に好きなのは、Dil Laga Ya Thaという、ポップ系のリズミックな曲です。

早速、お店の中で聞いていた従業員のバッドゥさんも、のりのりで気に入ってくれたようでした。
でも、インドには、このくらいの歌手はザラにいるようで、従業員の誰も知りませんでした。
懐かしい言葉で言えば「インド人もビックリ」といったところでしょうか。
(果たしてこの古いギャグ、何人のひとに分かってもらえるか。。。S&Bカレー)

では、今日はこのへんで。

ブレスレット

毎度のお付き合いをありがとうございます。

ここ最近ですが、いろいろと癒し系のものを調べていて、ふとブレスレットが
目に留りました。

世の中には、本当に色々な種類の石(貴石、宝石?)があるのですねぇ。
私でも知っている種類もありましたが、あるショップ(良質天然石水蓮)の商品を
見てみると、ほとんど私が知らない種類のものばかりでした。

その中でも、特に物欲を?き立てられたのがラピスラズリ(Lapis lazuli)です。
その高貴な青は、古代エジプト文明でも王族用の装飾や顔料として使われており、
ツタンカーメン王のマスクの装飾にも使われているとか。
語源は、Lapis=ラテン語で石lazuli=ペルシア語で空の青さだそうだ。

また、私もファンの一人であるジブリ作品の「耳をすませば」には時計屋の爺さんが
主人公の女の子、雫(シズク)へプレゼントすることで物語のキーワードにもなっています。
その不思議な音の響きと、複雑な模様が興味をそそり、ついに買ってしまいました。
RIMG0984.JPG

その他にも、色あいの変化が楽しい、タイガーアイ(Tiger’s eye)虎目石。
このプレスは、パネライというゴツイ時計とのコラボが実に良く合う。
RIMG0991.JPG

妻には、ピンク系のローズクォーツとスワロフスキーのセットを。
RIMG1000.JPG

最初は、ブレスレットなんて興味が無かったのですが、身に着けると何となく
パワーを感じるような気がするから不思議なものです。(気のせいでしょうが)
これは、病み付きになりそうな予感がします。

では、今日はこのへんで。

今日もカレーをテイクアウト

笑顔毎度のお付き合いをありがとうございます。
昨日のカレーが大好評で、今日もついついチキンカレーとナンを
テイクアウトしてしまいました。
元々は、
2番目の子の本(年長さん向きの絵本とか)を京成百貨店へ買いに行くだけの
おつかいだったのですが、カレー屋さんの看板とスパイシーな香りに負けて
しまいました。
今から夕食ですが、カレーが真っ先に無くなるのは、自明の理というもの。
子どもたちも大喜びです。
今日は、写真を撮ってからと、。。。。
では、いただきまぁ~す。
スバイスインディア takeout

近所にカレー屋さんがオープン

笑顔毎度のお付き合いをありがとうございます。
先月の中旬あたりから急に改装し始まったなぁと思っていたら、
いつのまにか、カレー屋さんができるそうで。。。
実は、今日がその開店日だったのです。
店の名は「SPICE INDIA(スパイスインディア)」で、従業員4人で全員インド人。
でも、日本語は上手で、メニューとかも全てキチンとした日本語で出来てました。
店主のジョシーさんによると、このお店で11軒目だそうで、北は青森から南は大阪
まで、全国規模でやっているそうです。
良くぞ、茨城の水戸、しかも我が家のすぐそばに来てくれました。
さっそく、会社の帰りに立ち寄って、テイクアウトしました。
タンドリーチキン、ナン、チキンカレー、ポークカレー、サラダですが、
さすがに全国展開しているだけあって、素晴らしく美味しかったでぇ~す。
今回は、写真を撮るのも忘れて、パクパクとあっという間に平らげてしまったので、
次回は、忘れずに写真撮っておきますね。
そうそう、インド人には甘口だよと言われてきたけど、結構辛くって、子どもたちが
食べられるか心配でしたが、全然気にしないで、ペロッと食べてしまいました。
また、テイクアウトするからねぇ。
では、今日はこのへんで。バイバイ
スバイスインディア menu

樹脂サッシの意味って?

毎度のお付き合いをありがとうございます。

さて、大騒ぎやっていたサッシの取り換え工事が一応終了して、
完成後に気がついたのですが、

ここはマンションには珍しく「外断熱」でサッシも赤外線を遮断する
エコガラスを入れた2重サッシで、しかも、「樹脂サッシ」を使うと
いう「断熱性能」にはかなり気を使っています。

にも拘わらず、今回の耐熱補強はステンレスを間に張り付ける方法を
とっており、折角の樹脂による熱の遮断が阻害されてしまっています

このまま冬を迎れば、恐らくはほとんどのマンションのサッシと変わらず、
内側に外気の冷たさが伝わり、結露とカビの発生は免れないでしょう。
これは、大問題です。

しかも、ステンレスを後付けでねじ止めする方法をとっているので、樹脂部分
とステンの隙間のカビは、これを取り外さないと掃除すらできない。
おまけにクレセント(カギの部分)を中心に外気がスースー漏れ込んで来るしまつ、
最悪です。

うちは即刻の原形復旧と、熱の遮断について改善命令をしました。

前のマンションで結露とカビに悩まされて、色々視察し、やっと辿りついた、
この「外断熱樹脂サッシ」のマンションです。
これでは、折角の「断熱性能」も台無しです。
冗談じゃありません。

うちは断固、これらの改善が図られるまで戦いたいと思います。

では、今日はこのへんで。

1 624 625 626 627 628 631